ワークキャンプとは


text1


本当にたいせつなことって、そんなところで見えてくるものなんだよね。

はじめて会ったもの同士が、何の偏見もなく新しい人間関係を作っていく。
それって難しそうだけど、一緒に汗をかいて働いていると、言葉なんか
交わさなくたって気持ちが伝わってくるものなんだ。
一緒に生活していれば、相手のイヤな部分も見えてくるし、
自分の弱いところも出てきてしまう。


それでもお互いのことをじっくり見ていくと、なんだか憎めないイイ奴だったりして。
はじめて訪れた土地で、見たことのない景色の中で、はじめての労働に汗する。
労働のあとはみんなで作った、食べたことのない味のメシを食い、
ただ転がって星を見ながら、色々なことを語り合う。
今までの自分の生活が、なんだか遠い世界のことのように感じられる。
まるで夢の中にいるようだ。

でもこれは夢じゃない。現実なのだ。

目の前にいる本物の仲間と、そこで一生懸命になっている本当の自分。
確かに時間がたてば、それぞれの場所に戻らなくてはならない。
永遠なんてどこにもない。

だけどね、そんな時間を過ごしたあとと、その前とでは、比べものに
ならないくらい何かが大きく変わっているものなんだ。

 

pic2

good!のワークキャンプとは

ワークキャンプとは、日常を離れて、共同生活やホームステイをしながら、
その場所が必要としている、例えば、農作業や牧場作業、井戸掘り、
学校づくりなどの作業をボランティアで行うキャンプのこと。

新しい場所で、新しい仲間と協力して作業をする中で、参加者の人間的な
成長を目指します。

現在、海外では、スリランカの農村、タイの山岳少数民族の村での井戸掘りや
学校づくり、韓国の農村で農作業と日韓交流、そして国内では、新潟県十日町市、
長野県安曇野郡にて農業体験ワークキャンプ、静岡県袋井市では牧場体験ワーク
キャンプなど様々なプログラムを実施しています。


 good! のワークキャンプには、さまざまな特徴があります。それは・・・

1.学生、社会人、フリーター、不登校・引きこもり経験者など。いろんな人が集まる!

 他のワークキャンプと違い、キャンパー(ワークキャンプの参加者)には、
本当に様々な人が集まります。普通に生活していたら、絶対に出会うことの
できない人に出会えるかもしれません。


2.スタッフも個性豊か!

フリースクール、学校、一般企業、子ども関係施設、障害者施設、スキー、
水泳インストラクターなど、経験豊富なスタッフ!ワークキャンプでは、
スタッフが同行し、サポートします。海外初体験という人、でも安心して
参加することができます。



3.各国とのネットワークも!

韓国ユネスコ、スリランカの
Small Fishers Federation、タイ北部Mirror Foundationなど、各国との
ネットワークも充実しています。また、代表が世界中を旅していた頃の
国内外の友人たちも強力な助っ人です。



4.なんでも相談できる!

初めての旅だったり、人と話すのがあんまり得意じゃなかったり・・・。
みんなそれぞれ色々な心配があると思います。そんな時、親身になって
相談に乗れるのがgood!の強みです!

ご家庭の事情によっては、お宅まで出張相談もいたします。



5.普通のパックツアーではできない体験がいっぱい!

現地の人と一緒に農作業をしたり、ホームステイをしたり。
もちろん一緒に参加するキャンパーとも、今までとはひと味違った、
厚い友情が生まれます。普通のパックツアーでは絶対に体験できない
プログラムばかりで、旅行で行く海外とは、まったく違った世界を
体験できます。